KeenEyes日経225先物・オプション

日経225先物・オプション取引を中心に行っているサラリーマン投資家です


上記情報はInvesting.com 日本 によって提供されています

9月28日(水)日経平均考察

ナイトセッションは横横で推移していたものの、米5年国債の入札不調との報で金利上昇圧力、日米金利差が拡大する懸念から26,395円から26,040円と約一時間半で一時355円下げた。3:00AM以降、下限付近で+と基準線が青色で終了時間まで上昇している。ただ、-120円で終えているので、現物の寄り付きも弱く昨日の上げをほぼ消す形で始まる可能性が高い。そのまま現物市場は横横か、はたまた安値圏データから底堅さを見せて+-0とかあわよくば+100とか行ってもらいたいものです。

 

日経平均先物ミニ12月限30分チャート

 

RSI14+20日TOPIX

5日平均空売り比率

20日線乖離率 -5%以下安値圏 +5%以上高値圏

 

 

気に入っていただけたら下記をクリックしてください。 ブログ更新の励みになります。 にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村